フーナーテストを行うタイミングは?

「フーナーテスト」とは、性交後の子宮頸管粘液の中に残っている精子の状態を調べる検査のことである。

400倍視野の顕微鏡で精子を観察し、その数や運動量をみるのであるが、この時、精子の存在が確認できなかったり、極端に数や運動量が少なかったりすれば男性不妊であると診断され、治療が始まる。

ベストなタイミング

フーナーテストを行うのにベストなタイミングは、子宮頸管粘液の分泌液が増えて精子を通しやすくする排卵日である。

この日を狙って医師から性交の指示が出され、遅くとも12時間以内には病院に行って検査を受ける。精子の濃度が薄まらないように、検査日の直前は数日間禁欲すると良いだろう。
検査結果は、その日のうちにすぐ分かる。でも、一回目の結果が良くなかったからといって落ち込む必要はない。

精子の状態はその日の体調によっても変わるし、排卵日の予測が当たっていなければ不利な条件で検査を受けてしまうこともあるからだ。
この検査は健康保険が適用され、2~3回受けることも可能なので、納得いかなければもう一度チャレンジしてみよう。

フーナーテストはすぐ結果が分かる

フーナーテストの良いところは、検査結果がすぐに分かることと、採精をする必要がないので男性側の心理的抵抗が少ないことだ。
「採精」とは文字通り精子を採ることであるが、時には病院でアダルトビデオを見ながら自慰をせねばならないこともあり「恥ずかしい」と抵抗を示す男性は少なくない。

このテストなら、ただ医師から指示されたタイミングで夫婦生活を持つだけなので、男性は特に病院に足を運ぶ必要もなく、仕事が忙しい場合にも大助かりだ。

また、精子の運動量や質を向上させる心がけも忘れないようにすべきだ。妊娠するには、精子と卵子が受精しなければ始まらない。
だからこそ、卵子まで到達し受精させるための「精子の質を高める」ことを意識して、普段の食生活や生活習慣の見直しを夫婦で行おう。

今では、男性のため妊活サプリも出ている。それを飲用して、栄養バランスを調整する方法もありだ。