AIHの平均的な成功確率

AIHの成功確率は、全国平均で5~10%前後といわれている。ただし、これは医師の腕や熟練度によって違うので、病院を選ぶ際には口コミなどを利用して成績の良いところを探すと良いだろう。

AIHの成功率

一般的に、AIHに5回以上挑戦しても妊娠できなければ次のステップである体外受精に移行するケースが多いが、稀に10回挑戦してめでたく妊娠したという人もいる。

しかし、AIHは時間の制約が多いので、仕事が忙しいカップルは早い段階で体外受精に踏み切ったほうが精神的には楽だろう。ただ、体外受精の費用はAIHとは比べ物にならないほど高いので、じゅうぶんな資金を準備しておく必要がある。

AIHがタイミング法と比べて優れている点は

・洗浄濃縮により、精液中の不純物が取り除かれ、精子の質が良くなる
・直接膣内に精子を注入するので、性交がうまくいかなくても関係ない

などで、特に夫がED(勃起不全)でなかなか射精に至らないというカップルには非常に有効な方法だ。また、排卵誘発剤を使わない場合は子宮や卵子に負担がかかることもないので、女性側のリスクが少ないこともメリットの一つである。

考えられる主な原因

AIHは比較的成功しやすい人とそうじゃない人に分かれるが、成功しにくい時はやはりなんらかのリスクを負っている場合が多い。

考えられる主な原因に、排卵された卵を卵管が拾い上げることのできない「ピックアップ障害」というものがある。卵管の中に精子が入ってもそこに卵子がいないので受精できないのだ。

また、なんらかの理由で卵子の老化が進んでいる場合も、妊娠には至りにくい。卵子の質は年齢を重ねるごとに落ちていく。

これまでは海外輸入サプリメントDHEAを卵子の老化対策として選ばれていた