無精子症と診断されたら最初にすること

無精子症とは

無精子症には「閉塞性」と「非閉塞性」の2通りある。
「閉塞性無精子症」は、精巣内で精子は作られているが、精子の通路が塞がっていることで、無精子症と診断される不妊症だ。

「非閉塞性無精子症」は、精巣内で精子が作られていない状態の不妊症で、無精子症の約8割を占めていると言われている。
もし、無精子症が「閉塞性」の場合は、妊娠率が非常に高いということを覚えおくべきだ。

 

 

不妊症というのは、もちろんカップルの病気である。特に精液検査というのは痛みも伴わないのだから、一番最初にやってもらいたい検査になる。

もし、精子量が少ないや結婚してから1年以上経っても妊娠しないなど、気になることがあれば、夫婦で検査を受けにくるべきだろう。

不妊症だと診断されたとしても、早期治療を行うことで、早く子宝に恵まれることもある。

無精子症の主な原因

精子の通り道が何故ふさがるのか?

その原因は生まれつき精菅がない人、鼠径ヘルニアの後遺症、性病感染などで精菅が塞がってしまうケースがある。

非閉塞性無精子症の原因は、成人してからのおたふく風邪で、精巣の腫れから精子が作られなくなるケースがある。もしくは停留精巣と呼ばれる、生まれつき精巣が腹部内にある方もいる。

無精子症の原因はこのような様々な要因があるが、いくら気をつけていても、高熱や鼠径ヘルニアになることは、突発的で避けようがない。

だが、無精子症と診断されても妊娠の可能性はゼロではない。

無精子症と診断されたら

不妊の原因が無精子症であった場合、男性のショックは相当なものだろう。無精子症の手術で妊娠の確率を高める手段もあるが、費用や体が受けるダメージも相当だ。

だが、TESE検査などで精子が1個でも見つかれば妊娠する確率はゼロではない。

もし、見つかった場合は、その少ない精子をより元気にさせて、体外受精などの成功率を上げることをするべきだ。

そのためには、何の商品を選べば良いのか、何の食材が良いのかなど、分からない事が多くあると思う。
3つのポイントがあるので、それを把握しておくと選びやすい。

1.女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を促進する働きを持つものを選ぶ

ホルモンの活性に働きかける「ジオスゲニン」、効率的なホルモンの分泌を促す「アグリゴン型イソフラボン」が含む食品

2.卵子・精子のエネルギー源であるミトコンドリア量を増やす

生殖細胞にエネルギーを与える食品

3.血行不良を改善する

血流改善と自律神経を安定させる「アグリゴン型イソフラボン」が含む食品

上記3つのポイントを押さえて、サプリメントなどを選び、ホルモン環境・精子の老化や運動率を改善させ、より妊娠力を底上げすることが最も大切だ。