癌の症状?初期症状だと思っていたら末期だということも?

がんの症状はさまざまで、その中で何か思い当たるふしがある場合、それは「がんの警告」かもしれない。

また、そういった身体のサインは医師の診察・検査において、診断時に役立つ内容となるため、自分の症状をできる限り詳しく把握しておく必要があります。なぜ、そう言った症状が重要になるのか、下記にまとめみました。

がんを発症した場合において、多くのがん種に見受けられる症状として、しこり・出血(血尿・血痰・血便など)・便の異常・貧血や目眩・体重減少などがあげられる。

さらに、各がん種に関しての特徴的な症状は、よりがんの種類や発症部位を特定させる手がかりになるため、そちらもしっかりとチェックしておく必要がある。例えば肺がんであれば、「治らない長引く咳。疲れを取っても改善しない肩こり」などがあげられます。

しかし、症状はあくまで自覚症状となり、ほとんどの場合「自覚症状で気づいて診察を受けたら、進行がん・末期がんだった」というケースも、本当に多く存在します。

また、初期で発見され無事に腫瘍を切除できたとしても、がん種によっては注意が必要だ。それは、「再発率・転移率の高いがん種」だ。がんは一般に5年間、再発・転移しなければ、完治・寛解の目安と言われています。

一方、そうした厳しい状況下ながら、5年間無事に再発・転移せず、完治・寛解した患者も多く存在するのも事実です。

とはいえ、現代の医療技術の飛躍的な進歩を遂げている最中だ。がん治療の世界では日々、新治療法・新薬などが研究・開発を繰り返され、実際に「重粒子線治療、分子標的薬、ペプチド・ワクチン、免疫療法」などが実用化されているが、ますは身体の異常が見つかった場合は検査をすることが重要です。