がん種別に見たステージ4の5年生存率

末期がんは、一般的にがんが全身に転移していて、治療ができない状態を指します。多くのがんでは「ステージ4」と呼ばれます。

がんの病巣が部分的に限局していれば、手術で取り除ける可能性はありますが、全身に転移していた場合、基本的に生存期間は延長できません。

しかし、治療はあきらめないことが重要です。転移したそれぞれの場所を治療していくことは可能です。臓器ごとに違うがんの特徴を知り、あきらめずに治療をすることが、運命を変えることにつながります。

 

がん種別に見たステージ4の状態と5年生存率

がん種 5年生存 状態
肺がん 3.4% 反対側の肺や他臓器(骨や脳、肝臓、副腎など)へ遠隔転移している
膵臓がん 1.4% がんが膵臓の周囲の主要な血管や臓器を巻き込んでいる
がんから離れた第3群リンパ節や遠隔臓器に転移を認める
食道がん 12% 他臓器へ遠隔転移いている
胃がん 7.3% 肝臓・肺・腹膜などに遠隔転移している
大腸がん 19.6% 肝臓・肺・腹膜などに遠隔転移している
肝臓がん 3.3% 腫瘍が2つ以上で2cmより大きく門脈・肝静脈や胆管などに広がっている
リンパ節や他臓器に遠隔転移している
胆道がん 5% リンパ節や他臓器に遠隔転移している
腎臓がん 18% ゲロタ腹膜を超えて広がるか副腎まで及んでいる、所属リンパに1〜2個以上転移がある
肺などに遠隔転移がある
膀胱がん 16% 肝臓や肺、骨などへの遠隔転移
乳がん 34% 脳や肺、肝臓、骨などへ遠隔転移いている
卵巣がん 28% 遠隔部位に転移しているか肝臓実質に転移している
子宮頸がん 21% 直腸や膀胱の粘膜へがんが広がっている
肝臓や肺、骨、遠隔リンパなどへ転移している
子宮体がん 15% 膀胱あるいは腸の粘膜までがんの浸潤がある
遠隔臓器に転移がある、または腹腔内や鼠径部のリンパ節に転移がある
前立腺がん 64% がんが前立腺を超えて直腸や膀胱に浸潤している
骨盤内側の骨やリンパ節への転移